告訴とは

Q.警察から「被害届を受理した」と言われました。被害届って何ですか?

被害届とは、被害者の方などが、「犯罪によって被害があったこと」を警察に申し出ることです。被害にあった人以外の人も届け出ることができます。

被害届が提出されることで、警察は事件があったことを知ることができ、これによって捜査に取り掛かります。

Q.警察から「告訴を受理した」と言われました。告訴って何ですか?

告訴とは、「犯罪によって被害があったこと」を警察に申し出るとともに、「犯人を厳重に処罰してもらいたい」という意思を示すものです。

告訴は被害届と違って誰でもできるわけではなく、原則として犯罪の被害にあった人、またはその「法定代理人」(被害者が未成年の場合の両親など)がすることができます。

Q.被害届と告訴の違いを分かりやすく教えてください。

被害届は、警察に単に「被害が発生したこと」を届け出るだけのものです。これに対して、告訴は「被害が発生したこと」に加えて、「犯人を処罰してもらいたい」という意思が表されたものです。したがって、単に被害届が出されただけの場合には、まだ告訴があったことにはなりません。

犯罪の中には、告訴がなければ検察官は起訴できないと法律で定められた種類のものがあります。これを「親告罪(しんこくざい)」といい、具体的には、強制わいせつ罪や強姦罪、器物損壊罪などがあります。これらの親告罪では、被害届が出されただけでは起訴されることはありません。

したがって、親告罪の場合には、告訴は重要な意味を持っています。

Q.被害届や告訴が受理された場合、私は逮捕されますか?

被害届や告訴が受理されたからといって、必ず逮捕されるというわけではありません。

しかし、被害届や告訴を受理した以上、警察は責任を持って捜査しなければなりませんので、受理する前に被害者や関係者からしっかり話を聞き、刑事事件として取り扱うべきと判断した場合に受理します。

したがって、被害届や告訴が受理されたということは、今後捜査が行われる可能性が高いということですから、重大な事件であれば逮捕されることも考えられます。

Q.被害届や告訴が受理された場合、私に前科が付きますか?

被害届や告訴が受理されたとしても、それは警察が捜査を始めたということにすぎません。捜査をした結果、犯人ではないとわかったり、被害者の方と示談ができて被害届や告訴が取り消されたりすれば、裁判が行われないこともあります。その場合には、前科は付かないことになります。

したがって、被害届や告訴が受理されたからといって必ず前科が付くというわけではありません。

Q.被害者から「被害届と告訴を提出する」と言われています。現段階で私はどのような対応をすべきですか?アトムに事件を依頼した場合、どのような弁護活動ができますか?

被害届と告訴が提出されると、警察が刑事事件として捜査を始め、将来的には刑事裁判になってしまう可能性もあります。

被害者の方と連絡が取れるのであれば、被害届や告訴を提出されないように示談の申し出も含め、弁護士と被害者の方との間で交渉します。

もし被害者の方の連絡先が分からないときは、弁護士が警察などを通じて連絡先を早急に入手して連絡をとり、謝罪や示談交渉を行って、被害届や告訴の提出を阻止するよう努めます。

被害者の方が、全く身に覚えのないことで被害届を出すと言っている場合も、被害者の方と話し合って誤解を解くなど、提出を阻止するよう話し合います。それと同時に、弁護士が関係者から話を聞いて真相を把握するとともに、事前に警察に対して事情を説明し、被害届や告訴を受理しないように働きかけることもあります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事事件でお困りの方へ

どんな解決も始まりは一本の電話からです。まずは勇気を出して、お気軽にお電話下さい。

刑事事件の解決はスピードが命です。
だから、刑事専門のアトムは年中24時間体制。

無料法律相談の流れ

① 法律相談の予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお入れ下さい。24時間365日受付無料です。法律相談をしたからといってそのまま依頼しなければならないということはありません。

このボタンをタッチでお電話できます

無料法律相談

逮捕・勾留されている被疑者のご関係者、警察から取り調べ・呼び出しを受けた事件は完全個室で無料法律相談が受けられます。

② 弁護士と面談して法律相談

弁護士が法律相談にお答えします。逮捕から早い段階で法律相談をすることは、逮捕された方にとって非常に有益です。

③ 弁護士に仕事を依頼したい場合

弁護士より今後取り得る解決策、その見通し、必要な費用などにつき具体的にご説明いたします。その上で、依頼したいかどうか、判断していただきます。

④ 弁護活動開始

委任契約後、弁護士は直ちに活動を開始します。その後は、こまめにお客様と連絡をとって進捗状況を報告し、 お客様のご意見を伺いながら、案件の対応を進めていきます。

どんな解決も始まりは一本の電話からです。
まずは勇気を出して、お気軽にお電話下さい。

このボタンをタッチでお電話できます
無料フォームで問い合わせる
LINEで無料相談を受ける