はじめての簡単トラブル解決

法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

法律相談の受付は24時間365日受付無料
平日: 朝9時~夜10時(原則)
土日: 朝9時~夜6時 (原則)
※予約次第で早朝夜間も対応可

法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を お問い合わせ先一覧
----------- アトム東京ホームページはこちら アトム福岡ホームページはこちら アトム弁護士法人ホームページはこちら ----------- アトム法律事務所 携帯サイト

ご依頼者様からのお手紙

本人のみならず親にも心遣い|建造物侵入等(大阪24-105号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(学生、10代男性、前科なし)が、雨の日の自宅付近で、前を通りかかった女子小学生のあとをつけ、同人の自宅マンションに侵入し、またその際同人の姿を盗撮した容疑で警察の取り調べを受けた事案。

【コメント】

当初警察は非常に厳しい姿勢で取調べに臨んできました。担当弁護士は再三にわたって捜査官と激しく争い、不必要な捜査を阻止しました。精神的サポートにも尽力し、ご依頼者様は、自らの主張を捜査機関の前でも貫き通すことができました。結果、盗撮容疑については立件されず、マンション侵入についてもわいせつ目的が否定されました。事件は刑事裁判になることなく終了しています。

前向きに生きていきます|迷惑防止条例違反(大阪24-095号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、同種前科1犯)が、朝の通勤電車内において、隣に座っている女子学生の胸を衣服の上から揉んだ容疑で逮捕・起訴された事案。

【コメント】

同種前科があり、当初は公判請求が予想された事案でした。また、被害者の方が示談交渉を頑なに拒否されたことも、ご依頼者様にとって不利な事情となりました。しかし、担当弁護士は、ご依頼者様には刑罰よりも治療が必要であることを強く訴え、カウンセリング等の環境調整に力を尽くしました。結果、事件は略式起訴による罰金刑で終えることができした。

大変丁寧な対応。心強く安心。|迷惑防止条例違反(大阪24-095号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、同種前科1犯)が、朝の通勤電車内において、隣に座っている女子学生の胸を衣服の上から揉んだ容疑で逮捕・起訴された事案。(上のお手紙と同じ事件。ご家族の方からのお手紙です。)

【コメント】

同種前科があり、当初は公判請求が予想された事案でした。また、被害者の方が示談交渉を頑なに拒否されたことも、ご依頼者様にとって不利な事情となりました。しかし、担当弁護士は、ご依頼者様には刑罰よりも治療が必要であることを強く訴え、カウンセリング等の環境調整に力を尽くしました。結果、事件は略式起訴による罰金刑で終えることができした。

不起訴に驚き|迷惑防止条例違反(大阪24-070号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(無職、30代男性、前科なし)が、温泉施設内のシャワールームにおいて、女児が使用するシャワー室の内部を、しゃがんで下からビデオ撮影した容疑で逮捕された事案。

【コメント】

多数の余罪の存在が疑われ、身柄拘束が長期化するおそれもありました。しかし、弁護士が間に入って捜査機関対応を行うことで、執拗な捜査の継続はなされませんでした。また、被害者側との示談も早期にまとめ、結果、事件は不起訴処分で終了しました。

執行猶予判決に感謝|強制わいせつ(大阪24-074号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、前科なし)が、朝の通勤電車内で、近くに立っていた10代女性に対し、ワンピース及びブラジャーの中に手を差し入れ、同人の胸を弄ぶ行為に及んだ容疑で逮捕・起訴された事案。

【コメント】

被害者の方が示談交渉を強く拒否されていたこと、問題となった行為が長時間執拗になされたものであったこと等から、厳しい刑も予想されました。しかし、ご依頼者様が素直に捜査に応じ、反省の意も十分に示していることや、再犯防止のための努力を見せていることをしっかりとアピールし、結果として執行猶予付き判決を得ることができました。

アトムに依頼して本当によかった|迷惑防止条例違反(大阪24-090号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、20代男性、前科なし)が、電車内において、スマートフォンのカメラ機能を使い、前に座っている10代女性の衣服内の下着を動画撮影した容疑で警察の取調べを受けた事案。(上のお手紙と同事件)

【コメント】

当初被害者の方は、示談交渉を強く拒んでいました。しかし、担当弁護士が検事と粘り強く連絡をとりあうことで、示談交渉開始に漕ぎ着け、無事締結に至りました。その効果もあって、事件は不起訴処分で終了しました。

更生のためのアドバイスをありがとうございました。|覚せい剤取締法違反(東京24-023号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、同種前科あり)が、覚せい剤使用の容疑で逮捕・起訴された事案。

【コメント】

前科もあり、実刑回避は難しかった事案です。それでも、捜査機関との交渉などにより、勾留期間も最小限にとどめ、最終的な量刑も、求刑を下回る形で終了しました。

急な接見要求にも対応してもらい、不安が解消|著作権法違反(東京24-067号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、前科なし)が、不正に複製された海外有名アーティストの音楽DVDを、売買目的で所持した容疑で逮捕・起訴された事案。

【コメント】

複製されたDVDが有名アーティストのものであり、被害会社も厳しい姿勢で臨んできました。示談交渉も最後まで難航しました。しかし、被害金額の低さ、加害者側の利得の少なさ、犯行態様の非悪質性を粘り強く主張し、結果、略式手続による罰金刑で事件は終了しました。

不起訴となり、将来に向けて前向きな気持ちに|迷惑行為防止条例違反(東京24-070号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、前科なし)が、駅構内のエスカレーターで、携帯電話を用いて盗撮行為を行った容疑で逮捕された事案。

【コメント】

被害者の方との示談交渉に尽力し、不起訴処分で終了しました。

はじめての刑事事件。心の支えになったのは弁護士の先生|強制わいせつ等(東京24-007号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(無職、60代男性、前科なし)が、自動車内において、女児に対してわいせつ行為に及んだ容疑で逮捕された事案。

【コメント】

こまめな接見を通じて、取調べへの対応を適切に協議し、その一方で、被害者側との示談成立に向けた活動にも尽力しました。実刑も予想された事案でしたが、結果、一部は不起訴に、起訴された部分についても執行猶予付判決で終了しました。

あたたかな笑顔や真摯な姿勢・毅然とした態度や的確な助言|傷害致死/暴行(大阪24-113号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社経営、40代男性、前科なし)が、宗教施設内において、勉強会のメンバーに対し、複数人で殴る・蹴るといった暴行を加え、全身打撲によるショック死に至らせた容疑で逮捕勾留・起訴された事案。

【コメント】

当初捜査機関は、ご依頼者様が事件の首謀者と考え、厳しい姿勢で取調べに臨んできました。しかし、共犯者の中でご依頼者様が最も地位が高かったものの、事件における役割はかなり小さかったことが、弁護側の立証活動で明らかにされました。また、被害者の死亡結果が生じたのが、暴行があったとされるところから場所も時間も離れていたため、暴行と死亡との因果関係についても強く争いました。結果、捜査機関側は、因果関係の立証が難しいと考え、傷害致死罪ではなく暴行罪での起訴となりました。最終的に事件は執行猶予付判決で終了し、ご依頼者様は刑務所へ収監されずに済みました。

こんなに早く会えるとは思っていなかった|傷害致死/暴行(大阪24-113号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社経営、40代男性、前科なし)が、宗教施設内において、勉強会のメンバーに対し、複数人で殴る・蹴るといった暴行を加え、全身打撲によるショック死に至らせた容疑で逮捕勾留・起訴された事案。(上のお手紙と同事件。ご家族からのお手紙です。)

【コメント】

当初捜査機関は、ご依頼者様が事件の首謀者と考え、厳しい姿勢で取調べに臨んできました。しかし、共犯者の中でご依頼者様が最も地位が高かったものの、事件における役割はかなり小さかったことが、弁護側の立証活動で明らかにされました。また、被害者の死亡結果が生じたのが、暴行があったとされるところから場所も時間も離れていたため、暴行と死亡との因果関係についても強く争いました。結果、捜査機関側は、因果関係の立証が難しいと考え、傷害致死罪ではなく暴行罪での起訴となりました。最終的に事件は執行猶予付判決で終了し、ご依頼者様は刑務所へ収監されずに済みました。

1人で悩んでいた。相談して気持ちが楽に。|軽犯罪法違反(大阪24-107号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、50代男性、前科なし)が、夜の電車内で近くにいた10代女性の太もも・胸元を、撮影時に音が出ないようにしたスマートホンカメラを使って撮影した容疑で略式起訴された事案。

【コメント】

多数の余罪が疑われたこと・カメラのシャッター音消去機能を使用していたこと等から、捜査機関側は厳しい処分を要求してくることも予想されました。しかし、早期の事件対応により、執拗な余罪追及も止まり、条例違反での立件ではなく、より軽い処分となる軽犯罪法違反での立件となりました。最終的には、科料処分で事件は終了しました。

予想よりもずっと早く不起訴処分に|迷惑防止条例違反(大阪24-102号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、前科なし)が、帰宅途中の電車内で、酒に酔って20代女性に自身の体を密着させ、女性の腰部や臀部に自己の股間を執拗に押し付けた容疑で現行犯逮捕された事案。

【コメント】

ご依頼者様が、一刻も早い被害者対応を望まれたことから、受任後タイトなスケジュールを組んで事件処理に当たりました。結果、受任後4日で示談を成立させ、最終的に不起訴処分で事件は終了しました。

行動力とスピーディーな対応|強制わいせつ(大阪24-101号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、50代男性、同種前科なし)が、深夜の路上で、帰宅途中の20代女性につきまとい、空き地に引きずり込んだ上、上半身裸にさせて胸を揉んだり舐めたりした容疑で逮捕された事案。

【コメント】

弁護士が間に入ることで、被害者の方もスムーズに示談交渉に応じてくださいました。対応次第では実刑判決の可能性もありましたが、被害者の方のご理解もあり、不起訴処分で事件は終了しました。

励ましの言葉で救われました|強制わいせつ(大阪24-099号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(自営業、50代男性、前科なし)が、昼間の映画館内において、隣りに座って映画を観賞していた10代女性の大腿部をなでまわし、下着内に手を入れて陰部を弄ぶなどした容疑で逮捕・起訴された事案。

【コメント】

担当弁護士は、担当裁判官と密に連絡をとりながら、的確なタイミングで示談を成立させました。ご依頼者様のご要望通り、民事裁判も回避できました。当初裁判官としては、実刑判決も視野に入れていたため、示談の成立が功を奏し、事件は執行猶予付判決で終了しました。

的確なアドバイス。依頼して本当に良かった。|迷惑防止条例違反(大阪25-007事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、30代男性、前科なし)が、朝の通勤電車内で、女子高生のスカートの中を携帯電話で盗撮した容疑で逮捕された事案。

【コメント】

盗撮対象が未成年であり、示談の難航も予想されました。しかし、早期のご依頼、早期の弁護活動開始により、スムーズに示談を締結させ、結果、不起訴処分で事件を終わらせることができました。

真摯な法律相談・親身で丁寧な応対に感謝|邸宅侵入(大阪25-034)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、40代男性、前科なし)が、アパート共用部分に侵入した容疑で逮捕・勾留された事案。

【コメント】

当初警察は、下着泥棒目的での立ち入りを強く疑い、また、余罪の追及も厳しく行っていました。さらに、被害者感情も悪く、示談の成立に困難を伴いました。しかし、担当弁護士の適切な捜査機関対応により、余罪等の疑いは晴れました。また、計画的な示談交渉により、ご依頼者様の意向に沿った示談をまとめることにも成功しました。結果、事件は不起訴処分という、ご依頼者様の満足いく形で終了しました。

心から感謝|青少年愛護条例違反(大阪25-006事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(飲食店経営、40代男性、前科なし)が、以前アルバイトとして雇っていた未成年の少女と、カラオケ店個室内において、少女の意に反して性行為に及んだとして、警察の取調べを受けた事案。

【コメント】

少女側は当初、強姦罪の主張をするなど、非常に強い姿勢で臨んできました。しかし、担当弁護士の適切な証拠収集・主張により、少女側も積極的に当該行為に及んだといった事情が明らかになるなど、ご依頼者様に有利な事情が捜査機関側にも伝えられました。結果、逮捕・勾留といった身柄拘束に至ることもなく事件は終了しました。

丁寧な経過連絡に感謝|迷惑行為防止条例違反(大阪25-002事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、30代男性、前科なし)が、朝の通勤電車内で、隣に立っていた女性の胸を肘で触った容疑で、警察から取調べを受けた事案。

【コメント】

当初、被害者の方は示談交渉を拒否していました。しかし、担当弁護士の粘り強いアプローチにより示談交渉が開始され、ご依頼者様の深い反省の意を伝えることができました。結果、示談も無事に成立し、逮捕等の身柄拘束に至ることなく事件は終了しました。

12345
お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。まずはお気軽に相談予約のお電話を。 0120-631-276 アトム法律事務所 大阪支部

親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。