はじめての簡単トラブル解決

法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

法律相談の受付は24時間365日受付無料
平日: 朝9時~夜10時(原則)
土日: 朝9時~夜6時 (原則)
※予約次第で早朝夜間も対応可

法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を お問い合わせ先一覧
----------- アトム東京ホームページはこちら アトム福岡ホームページはこちら アトム弁護士法人ホームページはこちら ----------- アトム法律事務所 携帯サイト

よくある質問 - その他

Q.事件の途中で弁護士を交代することはできますか?弁護士を交代した方がよい場合、弁護士を交代しない方がよい場合を教えてください。

自分で選んだ弁護人であればいつでも交代してもらうことができます。

1 交代した方がよい場合

弁護人はクライアントの方のパートナーですから、もし自分と馬が合わない、自分の思った通りに動いてくれない、何をしているのかわからないというような場合は、交代を検討してもよいでしょう。
特に、示談をしてもらいたいのに迅速に動いてくれない、接見に呼んでいるのに忙しいと言ってなかなか来ない、接見に来たけれどもすぐに帰ってしまうといった場合は、その後の事件の結果に大きな影響が生じかねませんので、早い段階で交代を検討した方がよいでしょう。

2 交代しない方がよい場合

すでに示談交渉を開始しており、間もなく成立する見込みであるような場合は、その弁護人と被害者の方との間で信頼関係ができている可能性があります。ここで弁護人が交代すると、また被害者の方と一から交渉をすることとなり、成立しそうだった示談が崩れてしまうおそれがありますので、慎重な判断が必要です。

すでに裁判が開かれ、何人も証人が来ているようなときにも慎重な判断が必要です。

このような場合は、途中で交代すると引き継ぎに時間を要します。交代しても時間が余分にかかるだけで、結果は変わらず時間がかかっただけになってしまう場合もあります。

Q.国選で付いた弁護士を他の国選の弁護士に交代することはできますか?

国選弁護人は裁判所によって選任されます。

裁判所が国選弁護人をいったん選任すると、めったなことがなければ解任や他の国選弁護人に交代させることはありません。また、被告人ご本人やご家族には、国選弁護人を解任する権利はありません。

もし国選弁護人に不満があり、交代を希望するような場合には、私選弁護人を選ぶ必要があります。

Q.国選で付いた弁護士を私選の弁護士に交代することはできますか?

国選弁護人がついている事件であっても、私選弁護人を探してきて選任することは可能です。私選弁護人が選任されると、これまで付いていた国選弁護人は裁判所から解任され、私選弁護人が新たに弁護人として活動を行うことになります。

Q.当番で付いた弁護士を他の私選の弁護士に交代することはできますか?

当番弁護士制度で受任された弁護士は、国選弁護人ではなく私選弁護人になります。

当番弁護士は、私選弁護人としてクライアントの方との信頼関係で選任されていますので、他の弁護士が勝手に弁護人になって活動することはできません。

まずは当番弁護士と、ご本人またはご家族の方の間で話し合って頂く必要があります。そして、交代することについて合意が得られた場合には、当番の弁護士に辞任して頂いたうえで、新たに私選の弁護士が弁護人として活動することになります。

Q.刑事事件で逮捕されそうです。刑事の弁護人として付けるのであれば、どのような弁護士を選べばよいですか?

刑事事件はスピードが大切です。また、取調べへの対応や、被害者の方への謝罪・示談交渉の方法の打合せなど、弁護人と話し合うことがたくさんあります。そして、何よりも事件について正確な見通しを基にした的確な対応が必要です。

また、刑事事件はご本人・ご家族にとって一生に一度あるかないかの非常事態です。この中で、的確にサポートしてくれるかどうか、具体的には、接見や示談に行ったときの報告を的確にしてくれるか、事件の見通しについて分かりやすく説明してくれるか、質問をしたときに的確に応えてくれるかどうかも重要になろうかと思います。

話がしやすく信頼関係が築けるとともに、必要な活動をスピーディーかつ正確に行ってくれる弁護士を選ぶことをお勧めします。

Q.今の弁護士をアトムの弁護士に交代した場合、どのようなメリットがありますか?

アトムでは、これまで数百件にわたる刑事事件を解決してきた実績があります。この実績による確かな見通しに基づいた的確な弁護活動により、最善の結果を目指します。

また、刑事事件専門である強みを生かし、軽いフットワークで一日でも早くご依頼者の方の満足を得られる結果をもたらすため、可能な限りの努力をします。

アトムの弁護士に交代した場合、まずは事件の見通しを立ててご依頼者様と十分に話し合い、どのような方法を取るのが最善かを一緒に検討します。そして、話し合って決めた方針に従って、迅速に行動します。

接見のご依頼があった場合、原則として当日ないし翌日には行きますし、示談についても被害者の方の希望されるところにいつでも伺い、粘り強く交渉します。

裁判所での裁判を行う場合にも、ご依頼者様と話し合って事前の打ち合わせを十分に行い、どのように証言すればよいかも具体的にアドバイスします。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。まずはお気軽に相談予約のお電話を。 0120-631-276 アトム法律事務所 大阪支部

親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。