青少年保護条例違反と逮捕後の流れ!能勢町から弁護士に祝日無料相談

能勢町から青少年保護条例違反の逮捕後の流れのスマホ相談できる弁護士事務所を知りたい方へ

  • 警察署から倅が犯罪を犯してしまったと知らされました!?
  • 能勢町で兄が青少年保護条例違反で供述を求められている。
  • 留置場の弟は法の裁きを受けるんでしょうか?

能勢町で身内が容疑をかけられ逮捕された・・・
そんな場合、どう対応するのがベストなのでしょうか?

対応が遅れてお手上げになる前に、すぐに青少年保護条例違反と刑事事件をメインで取り扱ってきたアトム法律事務所の弁護士に連絡してください。

有罪で前科がついたら、ましてや懲役になってしまったら、その後の社会復帰はとても苦労しますね・・・。

  1. 釈放してもらいたい
  2. 実刑を回避したい
  3. 被害届や告訴を取りやめてほしい

アトム法律事務所は、このような依頼者の困りごとに合わせた必要十分な弁護活動を実施します。

PCやスマホでお手軽無料相談

[keiji-3tenset]

どこにいても使えるLINE相談サービス24時間フリーダイヤル予約受付で、火急の不安にもスピーディーに対応できます。

逮捕された時の接見費用例

アトム法律事務所大阪支部に留置所への弁護士面会を依頼する場合の費用例!(詳しくはお電話でお尋ねください)

警察署名 豊能警察署
接見費用 12万円
所要時間 148分(往復296分)
※所要時間はYahoo!路線情報に基づく

青少年保護条例違反事件の弁護活動はスピードが大事です。

スピーディーな釈放不起訴に向けた活動が、その後の人生のカギを握ります。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。